IT人材を育成することで、様々な業界のITプロジェクトを多面的、かつ、柔軟に支援させて頂きます。

今後ますますテクノロジーが発達し、IoT(モノのインターネット化)・AI(人工知能)による、様々な領域での自動化(オートメーション)が進み、ますます世の中が効率化されます。
その一方で、いままで人間が行っていた仕事が、すごいスピードでロボットに置き換えられていくことで、IT人材の市場価値は2極化していくことが考えられます。

IoT・AIによる、オートメーションが進むためには、『ビッグデータ』の活用は不可欠です。
『ビッグデータ』を取り扱うためには、データを自動的、かつ高速で処理するシステム、システムが円滑に動作するためのサーバー、大量の機密データを安全に取り扱うためのセキュリティ環境の3つの要素が必要だと考えています。これから来るIT社会を見据え、必要とされる技術・要素を見定めて、会社として、個人として、日々学習を続けることが重要です。

当社では、「IT人材をそだてる」という理念のもと、時代の変化に適応できるIT人材を育成することで、付加価値の高いサービスを提供いたします

人材リソースの提供

SES(システムエンジニアリングサービス)や人材派遣により、ITプロジェクト成功のために、必要な人材・チームをスピーディーにご提供いたします。

支援しているITプロジェクトは、銀行、生保、損保、証券、自治体、通信キャリア、航空、アパレル、会計、不動産、飲食、と多岐の業界を支援しております。

また、ソフトウェア・アプリケーション開発だけではなく、インフラ構築・運用、プロジェクトの運用管理・サポートなど、幅広いニーズに対応可能です。

ウェブサービス開発支援

「新規でWEBサービスを立ち上げたいが、社内で構築することができない」「既存システムの抜本的なリニューアルを検討している」などのニーズに対して、プロジェクト全体を一括して請け負います。

ただ言われたものをつくるだけではなく、クライアント様のニーズや、事業の目的をしっかりと理解した上で、最適なシステムを設計・構築致します。

システムの要件定義から、詳細設計、実装、テスト、インフラ構築、デザイン作成、サービスリリース後の運用まで、弊社の豊富なスタッフの中から、クライアント様にマッチしたチームを編成し、ご対応いたします。

事業領域 ライフスタイルをデザインするサービスの開発

IT人材を育成し、クライアントの様々なニーズに応えると共に、「医療」「スポーツ」「食」の3つの領域において、ITを活用した事業の展開を予定しております。

IT業界に関わらず、人が幸せに過ごすためには、心身ともに健康であることがもっとも重要だと考えています。 多くのIT人材と触れ合う機会の中で、IT人材が心地よく、楽しく働くために何ができるのか、と考えた時に、心身ともに健康で働き続けるためのサポートができるようなサービスを開発したいという想いに至りました。

人々が、健康を維持し、幸せに過ごすための重要な要素は、「医療」「スポーツ」「食」の3つの領域に多くあると考えています。それは、好き・嫌いに関わらず、健康維持のためには切っても切れない関係であり、かつ、日々の生活の中で、うまく付き合うことができれば、それだけで幸せになれる要素が詰まっているからです。

また、結果的に人々が健康なで幸せに過ごすようになることで、日本の社会問題となっている社会保障費、特に、医療費の増大に歯止めをかけることができる、大きなチャンスがあることも、この3領域に注力する大きな理由の1つです。

この2領域でITを活用し、人々の生活が豊かで、楽しいライフスタイルをデザインできるようになるサービスを開発するために、新しいチャレンジを続けていきます。

「医療」:

健康な体を維持するためには、できるだけ病院・薬に頼らないようにすることが重要だと考えています。
何か不具合が起きたら病院に行く、薬を飲む、というスタイルではなく、不具合が起きないように、日々の対策を行うような、スタイルに転換すべきです。そのほうが、時間も効率的に使えるだけではなく、健康維持のためにかけるお金も少なく済みます。何よりも不具合が起きる可能性が低くなるわけですから、幸福度は多くの場合高まります。

また、人々が予防医療という考え方を持ち、実践することによって、健康な心身を維持できるだけではなく、日本全体の医療費削減につながる大きな可能性があります。
そのためには、個々人が適切な医療知識を身につけ、病院・医療従事者との情報格差を極力無くし、自らの頭で適切な判断ができるようになることが、理想の姿だと考えます。予防医療に関して、正しい知識を身につける環境が日本には十分ではないです。それは、裏返すとその必要性を感じている人が少ないためだと思います。

日本の社会保険制度は限界にきているため、どこかのタイミングで制度の転換期が訪れると思います。そうなると、最悪のケースとしては、アメリカのように気軽に病院に行くことができず、ちょっと病院に行くだけで、数万円、数十万円とかかってしまうような社会になってしまう可能性もゼロではありません。そういう状況になると、否が応でも予防医療に関して正しく学ぶニーズは膨れ上がってくるでしょう。自分の体は自分で守る時代が刻々と近づいていることからも、予防医療の正しい知識を身につけるための環境の整備が急務だと考えています。

また、IT活用により、病院経営における無駄を徹底的に排除し、医療レベルに向上を目指すことも、大きな意味があると思います。
※弊社子会社のチームエム株式会社にて、医療領域の事業を展開しております。

「スポーツ・食」:

医療、特に、予防医療の正しい知識を身に着けていくと、有効的な対応策のほとんどは『運動量の増加』『食の改善』の2つに集約されます。

『運動量の増加』
仕事も、趣味も、何事も、好きなことを、楽しむためには、体力が必要です。

しかし、人間が気持ちよく、楽しく生きるための必要最低限の体力を維持できていない人が多いのが現状です。スポーツを通じて、楽しみながら、体を動かす機会をつくることがもっとも効果的な解決策だと考えています。スポーツをすることで、体力維持だけではなく、ストレス解消や疲労回復につながる効果も期待できるからです。

日常生活にスポーツを取り入れることで、運動量を増やし、健康で楽しい生活を送れる手助けになるようなサービスの開発を検討しています。

『食の改善』
人間の体は、自分が体に入れたもので構成されています。だからこそ、健康を維持するためには、『何を食べるのか?』を考えることはもっとも重要な事項です。

実際に調査をしてみると、食べ物が原因で、体調を崩していたり、病気になってしまっていたりするケースは少なくないのです。安いから、おいしいから、という理由だけで安易に食べ物を選んではいけない世の中ではあるのですが、そのことを意識している人はとても少ないように感じます。

食に関する正しい知識を身につけることで、より健康で、人間らしく生きる人が増えるような、情報発信をしていければと考えています。

会社紹介コンテンツ

企業理念
事業領域
会社概要
オフィスツアー
アクセス